カスタムメイドインソールで足元から健康を創造する

スポンサーリンク
スポンサーリンク

概要

ビオンテックインソールとは?

みなさんは、マラソンやサッカー、スキー、スノボーなどのプロ選手は、カスタムメイドインソールを使っていることを知っていますか?

おそらく、かなりの人が知っているでしょう。

でも、次のことは知っていますか?

プロ選手は、カスタムメイドインソールを作るとき、足と靴にフィットしていることを。

スポーツ店や靴屋で販売しているカスタムメイドインソールは、プロ仕様ではなく、アマチュア仕様です。

それは、足の形状だけを測定し、フィットさせているからです。

プロ選手が足と靴にフィットさせているのに、このホームページを見ている方は、

足にしかフィットできないカスタムメイドインソールしか購入できないのです。

靴は様々な内部の形状があります。

それぞれ、靴によって内部形状が違うのに、足の形状だけ測定してカスタムメイドインソールを作るのは

無理があると思いませんか?

スポーツ、マラソン、ランニングのパフォーマンスは、上がるわけありません。

プロ仕様のカスタムメイドインソール・ビオンテック

ビオンテックは、その特殊な成形工程を開発し、足と靴にぴったりフィットするカスタムメイドインソールを開発しました。

その工程は、電子レンジで温めたインソールを靴に入れて、体重をかけて成形するという方法です。

開発に当たり、マラソンオリンピック選手のマルティン・フィス選手や、ジャーマン・シルヴァ選手が開発に携わりました。

アマチュア選手にも、足と靴にぴったりフィットするカスタムメイドインソールを使ってもらいたい!

その思いが、ビオンテックという商品名で開発されたのです。

ビオンテックインソールの開発ストーリー

ビオンテックインソールが生まれたのは、2014年5月のスペインです。

ヨーロッパーで発売するやいなや、たった一年間で6億円のセールス記録を叩きだした、話題のインソールです。

 スペインにある研究所の研究員が、ある時考えました。

「一番体に良いインソールは、足と靴の形状にフィットできる、カスタムメイドインソールなのに、なぜ普及しないのか」・・・・

そして、一つの答えにたどり着いたのです・・・。

足に一番良いのはカスタムメイドインソール

小売店がカスタムメイドインソールを導入するには、成形機など100万円もする設備投資を行う必要があるのです。また、成形機を導入しても、職人が手作業でカスタムメイドインソールを作るので、どうしても値段が高くなります。

この二つがカスタムメイドインソールの普及を妨げていたのです。そこでスペインの研究者たちが、バイオメカニクス理論に基づいて、家電で簡単に作れるカスタムメイドインソールの開発を決心したのです。

何度も試作しては、走ってみる。毎日10km以上走って完成させた、まさに奇跡のインソールがビオンテックインソールなのです。

スペインの研究者たちの切なる願い。

それは、現代人は運動不足でどんどん足のバランスが崩れており、腰痛や肩こり、浮き指、外反母趾になる人が増えている。そんな人たちを少しでもインソールでサポートしたい!そんな思いからビオンテックインソールが開発されました。

まさに、彼らの努力の結晶なのです。

ビオンテックインソールのSPM成形理論

スペインの研究者たちは、たった一つの足元のバランスが崩れるだけで、ひざ・腰・肩に影響を及ぼすことを知っていました。

そこで考えだされたのが、インソールをSPM成形して作る手法です。

ビオンテックインソールのSPM成形理論とは?

カスタムメイドインソールを成形する時に、背筋を伸ばし、関節が曲がらないようにピンッと立って成形する方法です。

この状態で成形されれば、立った状態はもちろんのこと、ランニング中でもバランスを維持することができます。

ビオンテックインソールのSPM成形理論の効果

①腰への衝撃が-5.3%
②膝への振動が-17.2%
③足首への振動が-12.6%
※スペインUMANA調べ
関節への衝撃が和らぐことが確認されています。また、足元が固定されることで、歩行時の安定性が+44.0%アップします。


  

SPM成形理論とは?

スペインの研究者たちが、ビオンテックインソールを数年かけて約70000kmも走って検証しました。

試作回数は何と1500回。靴やインソールの生産が有名な、スペインの足病医の医者と長年かけて作り上げた、最新テクノロジー・インソールです。

SPM理論とは、足と靴の形状にインソールを作りこむだけではありません。

Standing Posture molding:直立成形という名前の通り、直立姿勢で成形する手法です。

SPM成形理論のメリット

カスタムメイドインソールを作る、SPM成形理論のメリット

体の骨格は、体重が載った時に一番歪みます。

O脚などの関節の症状も、原因を見ていくと足元のバランスが悪くて、それが元で体全体のバランスが悪くなり、骨盤などが歪んでいくことが原因と言われています。

したがって、足元からバランスをサポートする、カスタムメイドインソールが重要になります。

カスタムメイドインソールを作る場合は、全体重が足に集中する直立姿勢で成形しなければなりません。

それは一番体の歪みが出る状態だからです。

さらに靴も歪んでいますので、靴を履いた状態でカスタムメイドインソールを作ることが良いです。

また、できればアーチが疲れていない朝一番にカスタムメイドインソールを作るのが理想です。

カスタムメイドインソールを作るときの要点

①体重をのせた時の歪んだ状態でカスタムメイドインソールを成形すること
②靴を履いた状態でカスタムメイドインソールを成形すること
③朝一番でカスタムメイドインソールを成形すること
この3点がとても重要なのです。

一般的なカスタムメイドインソールの問題点

一般的なカスタムメイドインソールは、足の形しか取れません。

石膏を流したり、測定器を使って測定しますから、靴の形状まで測定して合わせこむことは不可能です。

いくら足を測定したり、石膏で形状を作っても、靴が歪んでいたり、体重で歪んでしまっては、


カスタムメイドインソールを作っても意味はないのです。

こうした従来のカスタムメイドインソールの問題点から、

スペインの研究者たちが本当に最適なカスタムメイドインソールとはどうあるべきなのか、

何年も試行錯誤しながら開発されたインソールが、ビオンテックインソールなのです。

SPM成形する時の注意点

SPM成形理論では、成形する時に必ず以下のことに注意して成形してください。
①靴と靴下を履いてビオンテックインソールを成形すること
②背筋を伸ばし、腕はまっすぐに下すか、腕を組んでビオンテックインソールを成形すること
③2分間、動かないこと

靴と靴下を履いてビオンテックインソールを成形すること

先ほどもご説明致しましたが、靴自体が歪んでしまってはカスタムメイドインソールを作る意味はありません。

また、電子レンジで加熱したインソールは、熱いですから、必ず靴下を履いて成形してください。

背筋を伸ばし、腕はまっすぐに下すか、腕を組んで成形すること

これがSPM成形理論の一番重要なところです。

体の骨格が歪みがなく、まっすぐ伸ばした状態でインソールを成形しなければなりません。

また、体を安定させるために、できれば腕は組んだ状態でインソールを成形しましょう。

ビオンテックインソール成形中は、2分間動かないこと

インソール成形中に動いてしまっては、台無しです。

インソールの成形に失敗した場合は、2回までビオンテックインソールを成形し直すことができます。

必ず2枚同時にやり直してください。

1枚だけ電子レンジで加熱しますと、熱くなりすぎて大変危険です。

誰にでも簡単に作れる。それがビオンテックの特長の一つ

成形手順とは?

ビオンテックインソールのSPM成形はとても簡単です。
誰にでも行うことができます。
①電子レンジで温めて、
②靴に入れて、
③ピンッと背筋を伸ばして立つ。
たったそれだけです。
たったの3分で完成します。足のアーチが崩れていない朝に成形するのがベストです。

ただオーダーメイドだけじゃない。ビオンテックは立ち作業者・スポーツ向けにうれしい高機能が付いています。

特許技術の表面素材 ON STEAM

汗の速乾性や汗の発散、温度管理などの機能を持っています。

立ち仕事の方やスポーツの時に、快適な足環境を実現します。

サラリーマンに嬉しい脱臭、耐火照り機能

ビオンテックインソールの内部に脱臭する素材が入っております。

特許技術ON STEAMで臭いを透過し、汗のにおいの98%をその内部で脱臭します。

世界のアスリートたちが認めた最新テクノロジー、”ビオンテックインソール” なぜ彼らがビオンテックを薦めるのか。



足のトラブルについて解説しています









スポンサーリンク
広告中
広告中

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする