足の裏の痛みを改善する3つの方法とは

スポンサーリンク
スポンサーリンク

足の裏に痛みがあって仕事や勉強、スポーツが捗らない方も多いと思います。しかし、足の裏の痛みはレントゲンで診察ができないため、原因が分かりにくいのが特徴的です。

そこで今回は足の裏の痛みを改善する方法についてお伝えします。

足の裏に痛みがあって

2d4053bbd088af9bcb921b99ce7a87d3_s
足の裏に痛みがあって・・・・・
長時間立ち仕事をしていたり、ランニング・マラソン・テニスをした後に足の裏に痛みがある!!・・・こんな経験ありますよね?
実は、足の裏を見るだけで、たったそれだけで、様々な病気が分かることがあります。
ただ何となく、今日はかなり痛いな・・・っと思うだけではなく、この時間だけは足の裏の痛みと向き合ってみましょう。
そもそも足の裏に痛みの原因は何でしょう?
今回は足の裏の痛みと深い関係がある、”足底筋膜炎”についてお話をしていきます。
“足底筋膜炎”は”かかとの痛み”でも解説していますので、そちらもご覧ください。
なぜマラソン・ランニング・立ち仕事で足の裏が痛くなるのでしょうか。
まずは、足の裏のメカニズムからご説明し、何が対策として考えられるのかを分かりやすくご説明致します。
メカニズムが分かれば対策も完璧ですね!
それでは、どのように足の裏に痛みが発生するのか見ていきましょう。

そもそもクッション性の高いインソールは本当に良いのか?


そもそもクッション性の高いインソールは本当に良いのか?
まず初めに、クッション性のあるインソールについてお話をしようと思います。
クッション性が良いインソールは、なんとなく足に優しそうですよね?
足の裏に痛みが出た時に、どうしてもクッション性が良いスリッパを履いてしまう。
みなさんもこんな経験、ありませんか?
または、店員にこれがおすすめです!とすすめられる・・・。
「クッション性が高い靴は、立ち仕事でも疲れない」
「クッション性の高い靴を履けば、足の裏の痛みがなくなる」
それって真実でしょうか?少し考えて見ましょう。

そもそも足の機能とは?

そもそも足の機能とは?
足の裏の痛みを理解するために、まずはその機能について考えて見ましょう。
歩行する時、足には以下の3つの機能が備わっています。この機能を柔軟に使い分けることで、歩行を可能にしています。
①着地時の衝撃を吸収するクッション性
②蹴りだすための剛性
③安定するための3点支持
今回は、①~②の機能について見て行きます。

着地時のクッション性

蹴りだしの剛性

この2つの機能が必要になります。
そして、この2つの機能は、足にある3つのアーチが支えています。つまり、このアーチがクッション性と剛性の二つの機能を使い分けているのです。
また、アーチは靭帯と筋肉でできています。 靭帯と筋肉の収縮で二つの機能を作っています。
足の裏の痛みは、こうした靭帯や筋肉が炎症を起こしているということです。
炎症を起こすと筋肉が緊張し、うまく伸縮しなくなります。したがって有効的な対策は、筋力を上げることということになります。
近年、運動不足により、この筋力が低下し、その状態で無理な運動をして”足底筋膜炎”になるケースが増えています。

足の裏の痛みはどうやって改善できるのか?


足の裏の痛みはどうやって改善できるのか?
足の裏の痛みの原因は、運動不足にあります。
足底筋膜炎になっている場合は、筋肉が突っ張っている状態です。
では、どのように足の裏の痛みが解消されていくのでしょうか。

足の疲労を回復する

足の裏の疲労を回復するのに一番良いのは、ずばり睡眠です!
日頃疲れていた足をゆっくり休ませてあげましょう。
無理をして筋肉や靭帯にさらなる負荷をかけるのは、良くありません。
足の裏に痛みがあるときは、運動や立ち仕事を停止し、足の裏の痛みがなくなるまで休みましょう。

血流と血行を良くする(マッサージ・お風呂)

血流と血行を良くする(マッサージ・お風呂)
血流や血行は筋肉と密接な関わりを持っています。
特に足は第二の心臓と言われています。これは、人間は二足歩行する動物であるがゆえに、血液を心臓から最も低い位置にある足まで運び、さらに1m近くも上側に送り出さなければなりません。足に到達した血液は、心臓だけでは負担が大きいですから、足の筋肉の収縮などを使って、ポンプの機能を果たすわけです。
お風呂やマッサージが足の裏の痛みには有効です。
マッサージはツボを押さえると良いようです。

そもそもの原因は運動不足!

そもそもの原因は運動不足!
ただし!!そもそもの原因は運動不足ですので、足の裏の痛みが引いたら、運動して筋肉を鍛えるようにしましょう。
鍛えるときには、クッション性の良い靴を使うのはおすすめできません。
クッション性の良い靴やインソールは、足のアーチの機能である、「クッション性」と「剛性」の「クッション性」の機能のみを高めることになります。
より筋力を使わなくなり、足底筋膜を使わなくなります。筋力を使うように硬めのインソールを使いましょう。
仕事中も柔らかい靴・インソールを使うことは避けましょう。

疲れると、アーチが落ちてくる?

疲れると、アーチが落ちてくる?
長い時間、立ち仕事をすると、筋肉や靭帯が疲れてアーチが崩れてきます。
ということは、このアーチを支えてあげることができれば、疲れにくくなるということが言われています。
一般的にはカスタムメイドインソールを作るのが良いと言われています。
ビオンテックは、疲れていない状態で足の形そっくりのインソールを作ることができます。
日頃より立ち仕事が多い方のサポートにお使いください。

足の裏の痛みに最適!

足の裏の痛みに最適な、通販サイトで話題の商品をまとめてみました。是非参考にして頂けると嬉しいです。

空前の大ヒット!大山式

外反母趾や足・指の疲れに悩んで20年、
この商品に出会ってもう手放せません。
装着せずにいた日の夜には、足・指が痛くて痛くて…
先日丸一日ディズニーランドを歩きましたが、足がほとんど疲れていませんでした。
足裏の痛みが出なくなりました
何年か前から歩くとすぐに足裏が痛くなり困っていました。何か対策はないか?と悩んでいた時にこの商品を見つけ、すごく気になったので試しに購入しました。
最初の3日は指の間が擦れて痛かったけれど、1週間程で慣れました。
使い始めて1か月、普段は車通勤のため歩く事が少なく実感できていませんでしたが、つい先日に何時間か歩きまわる機会があり、いつもなら足裏が痛くて歩くの嫌になるのに、今回ほとんど痛みを感じませんでした!
今まで足裏の重心が小指側だったものが親指側に移ってきたように感じます。ゴムが柔軟で着け易く、指の間に異物が挟まっているといった感覚も心地よさになっています。

足裏の痛みに!衝撃吸収インソール

良いです
足裏が痛い夫の為に購入しました
履き心地も良く気に入ったみたいです
お値段も良心的なのでまた利用したいと思います
仕事で一日中歩き回るためすぐインソールがすり減り足裏痛がひどくなって来たので、古い物と交換用に購入しました。使用2周間になりますが足の裏の痛みはほとんど無くなりました。靴屋で同程度の物を購入すると1足でもこの値段を超えてしまうのでとてもお得だと思います。今回の物がすり減ったらまた購入しようと思います。

パンプスでも、もう足裏が痛くならない!

フロントのカットも外反母趾にかかる手前でカットされていたので、圧迫感も無くとても履きやすい商品でした。
足の裏の当たる部分のクッションもしっかりしており、良い靴に巡り合えたと満足しています。このたびは、ありがとうございました。
同じ木型の違う商品を購入して自分の足にぴったりだったので、通勤用にと購入しました。
フィット感と足裏の感触がとても良く歩きやすいです☆

痛気持ちいいが癖になる!

使用中です
足裏を刺激したくて購入。お値段も手頃で 痛みを楽しんでいます(笑)
足裏のマッサージを手軽にしたいと思っていたので、この商品はピッタリでした。ベッドの脇に置いていつでも踏み踏みしてます。
スポンサーリンク
広告中
広告中

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする