簡単に、手軽にオーバープロネーションを克服!夢の新技術

スポンサーリンク
スポンサーリンク

近年健康ブームでランニングやマラソンが流行っている中、残念ながらそれに比例して怪我をする人が増えています。その怪我の原因がオーバープロネーションです。しかし、オーバープロネーション自体まだ知られてないため、なぜ怪我をしてしまったのか分からないまま放置してしまうことがあります。

そこで今回はオーバープロネーションについてお話ししたします。

オーバープロネーションとは?

yukachi0I9A0022_TP_V
近年、マラソンやランニングブームで「オーバープロネーション」という言葉をよく耳にするようになりました。プロネーションとは、日本語で「回内」と言って、足首をひねることを言います。着地の時に足のアーチがつぶれて、足全体へ影響を及ぼします。
ランニング中に意識して、オーバープロネーションを直そうとする人もいますが、オーバープロネーションを無理に直そうとすると、無理なランニングの姿勢になってしまい、かえって悪化させてしまうことがあります。
それが原因で、他の部位に影響を与えることが少なくありません。
足の症状は、そのほとんどが筋肉・靭帯の損傷であり、骨の異常が原因で発症することが少ないため、レントゲンを撮っても症状が分からないことが多いのが特徴です。
このオーバープロネーションもレントゲンでは分かりません。その理由について、解説していきます。

オーバープロネーションとはどういう状態?


オーバープロネーションは、地面に対してかかとが直角に接しているか、外側・内側に傾斜しているのかで判断できます。
上の図で言うとかかとが内側に傾斜している状態をオーバープロネーションと言います。
オーバープロネーションの状態でランニングすると、内側に傾斜していますので、着地の際に足のアーチ(土踏まず)がつぶれ、着地時のクッションの役目がなくなってしまいます。
また、体全身のバランスが崩れてしまい、腰痛や肩こりを引き起こすと言われています。

なぜオーバープロネーションが起こるのか?

土踏まずは筋肉と靭帯でできており、衝撃吸収(トラス構造)と地面を蹴る力を生み出します。ランニングやマラソンをすると、疲労が徐々に蓄積され、筋肉と靭帯で出てきている土踏まずは低下していくのです。土踏まずがなくなると、内側にかかとが傾斜しやすくなり、オーバープロネーションを引き起こします。
ということは、疲れた状態でなければ、自分がオーバープロネーションなのか分かり難いということになります。
自分では気づかないうちに、オーバープロネーションになり、靭帯・足だけではなくひざや股関節・腰にまで悪影響を及ぼすことがあります。

オーバープロネーションは診断が難しい

オーバープロネーションの問題は、筋肉と靭帯に影響を及ぼす症状であるため、レントゲンで見ても骨の異常がなく、診断しにくいところにあります。
また、ただ立っているだけでは分からなく、走ってみて初めてオーバープロネーションなのか、判断できることも診断しにくい要因の一つです。
実際に足部にオーバープロネーションが起こることで、足部や足の関節、健や靭帯に痛みが出てくることがあります。
また、ランニング中にオーバープロネーションを意識して直そうとしても、かえって体に負担をかけてしまうことがあります。無理なランニングフォームになってしまうからです。

オーバープロネーションはどうやって確認できるのか?


オーバープロネーションかどうか、判断するのは簡単です。ご自分の靴の裏を見てください。
オーバープロネーションの方は、靴底が内側が早く削れていきます。これはオーバープロネーションになると、かかとが内側に傾斜しているためです。
ぜひ普段はいている運動靴やビジネスシューズの裏側を見てください。きっと何か足に問題がないかどうか、分かるはずです。足が健康的ですと、全体にまんべんなく削れていきます。

オーバープロネーションが引き起こす症状

オーバープロネーションになると、偏平足や外反母趾、足底筋膜炎、シンスプリントなどを引き起こすと言われています。
こういった症状になる前に、オーバープロネーションの対策をうつことが必要です。
ぞれぞれの内容につきましては、下記にまとめていますので、是非ご覧ください。

扁平足を直す方法とは?扁平足の対策4選
扁平足を直す方法とは?扁平足の対策4選
扁平足になると疲労が増えたり、足が痛くなります。しかしアスリートで扁平足になっていて、何も問題ない人もいるのです。なぜ扁平足が問題になる人と、ならない人がいるのでしょうか?
かかとの痛みが消える!?最適な中敷きと靴ランキングBest4
かかとの痛みが消える!?最適な中敷きと靴ランキングBest4
かかとに痛みがあった時、入浴して疲れを取るのが常識になっていますが、それって本当に正しいのでしょうか。かかとの痛みの原因を理解すれば、その理由についてもよくわかります。
テレビで紹介!話題沸騰中のシンスプリント用インソール
テレビで紹介!話題沸騰中のシンスプリント用インソール
ランニングやマラソンをされるランナーの方は、一度では「シンスプリント」という名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。 ランニングなどの...

オーバープロネーションの対応策とは?

大きく分けて3つあります。
①オーバープロネーション用のシューズ・インソールを使用する
②カスタムメイドインソールを使用する
③整形外科などの診断

オーバープロネーション用のシューズ・インソールを使用する

この方法は手っ取り早いですが、人によって症状は様々、左右によっても異なるので、おすすめはできません。

カスタムメイドインソールを使用する

自分の足に合ったインソールを作ることで、オーバープロネーションをサポートします。

整形外科などの診断

自分の足を測定・分析し、インソールを作ってもらえます。体を見るプロが作るインソールです。
筋肉と靭帯が原因で起こっている現象ですので、まずは足元のバランスを整えることが重要です。

プロ選手のオーバープロネーションの対策とは?


マラソンのプロ選手は、足と靴に形状にぴったりフィットするカスタムメイドインソールを使っています。でも、スポーツ店や靴屋さん、インソール専門店で販売しているカスタムメイドインソールはどうですか?すべて「足」の形状にフィットするだけです。
足と靴にフィット⇒プロ選手用
足にフィット⇒アマチュア選手用
こんなことが暗黙の了解であるのです。

オーバープロネーション対策におすすめの商品

通販サイトの口コミを元におすすめのオーバープロネーション対策グッズをご紹介いたします。

オーバープロネーションのために開発されたスーパーフィート


スーパーフィートはアメリカで開発されたインソールでオーバープロネーションに着目して開発されました。

オーバープロネーションを防止して足本来の機能をサポートする機能は疲れにくく歩きやすいと話題です。

評価

mouse-7

利用者の声

とてもいいです!
リハビリの先生に紹介されてこれを購入。私のような土踏まずのない扁平足の足にはとてもいいと思います。これをいれただけでとても歩きやすく痛かった足や腰まで楽なったような気がします。
安心のスーパーフィート
かかとがしっかり固定されて、長時間歩いても疲れにくいです。
耐久性もあり信頼感は非常に高いです。
最高かは分かりませんが、間違いない商品です。
安定のスーパーフィート
登山に使用していますが、歩行が安定して歩きやすいので普段用に追加購入です。
送料込みでも安く購入できました。

ご購入はこちら

フランスオリンピック選手も使っている!シダス



シダスはフランスのインソールメーカーでオリンピック選手も使っているインソールです。アーチをサポートしてオーバープロネーションから足を守ってくれます。

評価

sidas-1

利用者の声

インソールには寿命があります!そしてこのインソールは本当にすばらしい!同じシューズなのにインソールを新しいのに代えただけで、速く走れるのはもちろん、疲れない、ホームが崩れない。いつもの距離を走ってもまだまだ走れそうに感じました。
これからはケチらず定期的にインソールを交換しようと思いました。
このインソールを知り購入したら、安定感がありとても走りやすいです。
腰痛持ちの主人にもと思い使用してみたら、走っている時に感じていた腰への負担も軽減されて、とても良いと言っています。
ランニングで足を痛めることがなくなりました( ^ω^ )
もうシダスなしには走れないですね( ^ω^ )
皆さんも是非使ってみて下さい( T_T)?(^-^ )

ご購入はこちら

足と靴にフィットする!オーバープロネーション対策インソール



ビオンテックMk1は足と靴の形にできるカスタム中敷き。きっとあなたの靴にフィットした中敷きができます。作り方は簡単!電子レンジで熱して靴に入れて体重をかけるだけです。
靴にもフィットするため、関節への衝撃が減るデータを中敷き業界で初めてとることができました。足の形だけにフィットするカスタム中敷きが多い中、ビオンテックMk1は貴重な中敷きです。
関節への痛みを軽減し、筋肉疲労を軽減するカスタム中敷きです。

オリンピック選手の声

この中敷であれば足をサポートし、フルマラソンランナーたちを怪我から守れるのではないかと考えていますbyGerman Silva
私はこの中敷を着用したときに、関節の痛みがとても少ないことに驚きました。そして、筋肉疲労がかなり減る事が分かりましたbyMartin Fiz

スポンサーリンク
広告中
広告中

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする